不動産鑑定士の難易度は一般的な資格と比較すると合格率も低いデータが発表されているので、難関な資格であると錯覚してしまう方も多いかもしれません。

しかし、実際には専門的な知識を継続的に学習している割合も低いからこそ試験に合格する割合も低いというだけであって、実際にはしっかり勉強を行っている層は毎年一定量の合格率に達しているので、専門的な知識をしっかり学習する環境さえ整っていれば、誰でも合格するチャンスに至るのではないかと推測しています。

合格率に左右されるのは好ましくない状況ですが、少なからず受験者のどれくらいの割合が脱落しているかを見ることで、自分の目指すべき道をはっきりさせることが出来ると思いますので、皆さんも資格取得を目指すのであれば、専門的な学習を行う事が出来る専門学校への通学を検討するか、最近流行りの通信教育を活用して時間的な負担の軽減を図りながらチャレンジするかを決定しておくと、その後の生活に対する負担も踏まえた人生設計が出来ると思います。

不動産鑑定士の難易度はそれなりの数値が発表されていますが、実際には努力が実を結ぶ例も多いため、一概に他の資格と比較して不動産鑑定士の難易度は高いと判断すべきではないと思います。

合格率だけを眺めてしまうと望みが薄いように思えるのかもしれませんが、毎年しっかりと合格者を生みだしているのは確かなので、思い切って何度かチャレンジしてみると良い経験になると思います。